PR

ライフ ライフ

横浜市 特別定額給付金未申請の10万世帯に“催促” ハガキ発送へ 

 新型コロナウイルス対策として国民1人当たり10万円を配る特別定額給付金について、横浜市は29日、市内で未申請の約10万世帯に対して、締め切りが近づいていることをハガキで通知し、申請を促す方針を明らかにした。

 ハガキは30日から順次発送し、9月10日に締め切りを迎えることを通知する。市によると、市内の給付対象は約182万世帯。そのうち、申請済みが約173万世帯(28日時点)。ハガキを送るのは20日時点で未申請だった約10万世帯。

 林文子市長は29日の定例記者会見で、未申請の市民らに向けて「(締め切りまで)あと1カ月程度。忘れないようにお願いしたい」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ