PR

ライフ ライフ

NHKディレクターが感染 大阪放送局、濃厚接触5人

 NHKは28日、大阪放送局の20代男性ディレクターが新型コロナウイルスに感染したと発表した。外部で取材した1人を含む5人が濃厚接触者として認定されたという。

 NHKによると、男性は20日に出勤した際に体調不良となり、帰宅後に発熱を確認。以降自宅療養し、25日に検査を受け27日に陽性と判明した。

 男性は18日に大阪府外でロケを実施。その際取材した1人の他、同伴の職員や外部スタッフらが濃厚接触者と認定され、自宅待機となっている。男性はロケや移動中もマスクを着用していたという。

 NHKは「保健所と連絡を取りながら感染拡大防止に努めたい」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ