PR

ライフ ライフ

群馬・高校野球 前橋育英コールド発進 桐生第一も逃げ切る

前橋育英は五回、主砲・須永の本塁打で渋川を突き放した=28日、群馬県高崎市の高崎城南球場(橋爪一彦撮影)
前橋育英は五回、主砲・須永の本塁打で渋川を突き放した=28日、群馬県高崎市の高崎城南球場(橋爪一彦撮影)

 全国高校野球選手権群馬大会に代わる独自の「群馬県高校野球大会」は28日、上毛新聞敷島、高崎城南、前橋市民の3球場で2回戦6試合が行われた。ともにシード校で、この日が初戦の前橋育英、桐生第一は3回戦へ進出。吾妻中央、伊勢崎商、伊勢崎工、東農大二も勝ち上がった。

 前橋育英は四回、井上の適時打で1点を先制。五回には飯野、皆川の適時打、須永の本塁打で5点を追加した。八回に皆川が再び適時打を放ち、渋川に無失点で八回コールド勝ちした。

 桐生第一は三回、広瀬の適時打で1点を先制。満塁からの押し出しで1点を追加した。五回に星野、鈴木陵の適時打などで3得点。九回、高崎商大付に2点を許したが、逃げ切った。

 吾妻中央はシード校の樹徳と対戦した。初回に野山、戸部の適時打で2得点。七回に滝沢啓の適時打で1点を追加した。八回に1点差に詰め寄られたが、九回はエース・関が三者凡退で相手打線を抑えた。

 伊勢崎商は三回と五回、新田暁にそれぞれ1点を許し、追う展開となった。六回、小池の適時打で1点を返し、八回に小池、源後の適時打などで3得点。逆転勝利した。

 伊勢崎工は一回、館林商工に先制を許したが、入村、石山の適時打などで3得点し、逆転した。四回に1点差に詰め寄られるも、田島の適時打などで3点差に。その後は失点せず、試合を終えた。

 東農大二は二回、浦野の適時打で1点を先制し、三回の古川原の適時打などで3点差に。高崎工に3点を返され、ゲームは振り出しに戻ったが、五回の金井の適時打、七回の伊藤の本塁打などで突き放した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ