PR

ライフ ライフ

北海道で新たに看護師ら3人感染 「すすきの」関連は42人に拡大

北海道最大の繁華街の中心部、すすきの交差点=4月28日、札幌市中央区(寺田理恵撮影)
北海道最大の繁華街の中心部、すすきの交差点=4月28日、札幌市中央区(寺田理恵撮影)

 北海道と札幌市は28日、札幌市で新たに看護師を含む女性3人の新型コロナウイルスへの感染が確認されたと発表した。札幌市以外で新たな感染者は確認されず、道内の感染者は延べ1399人(実人数1380人)となった。

 新たな感染者は、20代看護師▽20代従業員▽年代が非公表の1人-の女性3人。札幌市によると、いずれも軽症で、このうち看護師と従業員の感染経路が不明となっている。非公表の女性は同居の家族から感染したとみられる。

 この看護師は札幌市中央区の北海道循環器病院の病棟に勤務。21日に発症し、26日に陽性と確定した。同病院の濃厚接触者を検査した結果、全員が陰性と確認されたという。市は「院内感染の可能性は低い」との見方を示している。

 また札幌市は28日、すすきの地区にある接待を伴う店の従業員ら「夜の街」関連の感染者が1店1人増えて21店計42人となったことも明らかにした。

 札幌市が28日に公表した感染者3人の中に「夜の街」関連の感染者が含まれているが、市はその人数を明らかにしていない。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ