PR

ライフ ライフ

群馬・高校野球 健大高崎が3回戦へ

【前橋工ー関東学園大付】前橋工は一回、1番・貫井が本塁打を放ち、チームを勢いに乗せた=27日、前橋市の上毛新聞敷島球場(橋爪一彦撮影)
【前橋工ー関東学園大付】前橋工は一回、1番・貫井が本塁打を放ち、チームを勢いに乗せた=27日、前橋市の上毛新聞敷島球場(橋爪一彦撮影)

 全国高校野球選手権群馬大会に代わる独自の「群馬県高校野球大会」は27日、上毛新聞敷島、前橋市民の2球場で1回戦4試合、桐生球場で2回戦2試合が行われた。1回戦は前橋商、高崎商、市立太田がコールド勝ち。前橋工は接戦を競り勝ち、2回戦進出を決めた。2回戦は、シード校の高崎健康福祉大高崎(健大高崎)が勝利。太田東は延長十一回の激戦を制し、3回戦へ駒を進めた。

 前橋商は打線が好調で初回から得点を重ね、四回には唐沢の適時打などで5得点。エース・橋本が前橋打線を2安打に抑え、コールド発進した。

 同じ前橋勢では、前橋工が関東学園大付とシーソーゲームを展開した。初回、1点を先制された前橋工は貫井の本塁打などで3得点して逆転。二回に2点、四回に1点を許し、ゲームをひっくり返された。六回に満塁からの押し出しや相手投手の暴投で3得点し、再び逆転。勝利を手にした。

 2回戦が初戦となった健大高崎は初回、安中総合学園に1点を先制されて追う展開となった。七回に戸丸、エース・下の適時打で3点を返して逆転。その後は朝井、鈴木が継投。追加点を許さなかった。

 太田東は桐生市商に先制され、六回に追いつき延長戦に突入。十回に久保田尊、茂木の適時打で4得点したが、満塁打を浴びて追いつかれた。十一回に渡部の適時打で2得点。粘り強く1点差にまで詰め寄った相手を振り切った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ