PR

ライフ ライフ

熱中症、梅雨明け注意 コロナと長梅雨で暑さへの慣れ不十分

厚生労働省は、新型コロナウイルスと熱中症への対策を両立するため、屋外で人と2メートル以上離れたときはマスクを外すことを推奨。着用しているときも激しい運動は避け、こまめに水分を補給するよう呼び掛けている=厚労省ホームページより
厚生労働省は、新型コロナウイルスと熱中症への対策を両立するため、屋外で人と2メートル以上離れたときはマスクを外すことを推奨。着用しているときも激しい運動は避け、こまめに水分を補給するよう呼び掛けている=厚労省ホームページより
その他の写真を見る(1/2枚)

 7月末から8月上旬にかけて梅雨が明けて気温が急上昇し、熱中症患者が急増する危険性が高まっている。6月から今月19日までの全国の熱中症による救急搬送数もすでに前年を上回った。専門家は、長梅雨や新型コロナウイルスによる外出自粛の影響で暑さへの慣れが不十分な人が多いと指摘。「例年以上の警戒が必要」と呼び掛けている。(荒船清太)

 総務省消防庁によると、6月~今月19日までの熱中症による救急搬送者数は全国で9221人(速報値)で、昨年同時期の7381人(確定値)を上回った。6割は65歳以上の高齢者だった。

 特に東日本で平均気温が平年を1・9度上回るなど気温が全国的に高くなった6月は東京、埼玉、神奈川、千葉の首都圏や大阪、愛知、福岡の大都市圏で搬送者数が前年の約1・4~約1・9倍を記録した。

 熱中症に詳しい東京医療保健大大学院の谷口英喜客員教授は「暑さ以外に、外出自粛による体力や水分の低下などが影響した可能性がある」と指摘する。

 谷口教授によると、熱中症は温度、湿度、日光による放射熱-の3つの気象条件の上昇と、体力や水分の低下、暑さへの慣れ不足などで引き起こされる。

 今年は新型コロナ感染拡大による外出自粛により日光にあたる時間が減っており、体が暑さに慣れていない。運動量が減って筋力が落ちることで体内に保持される水分も低下するといい、谷口教授は「例年よりも脱水状態が進んでいる可能性がある」と指摘する。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ