PR

ライフ ライフ

京都・経ケ岬通信所の米軍人、コロナに感染

 京都府は27日、早期警戒レーダー「Xバンドレーダー」を配置する米軍経ケ岬通信所(同府京丹後市)に勤務する同市在住の米軍人の30代男性が、新型コロナウイルスに感染したと発表した。府は、現時点では米軍関係者は府内感染者数に含めないとしている。

 府によると、男性は23日から発熱などの症状があり、26日に陽性と判明した。軽症だが、感染経路は不明という。

 男性は1人暮らし。職場ではパソコン作業が中心で24日まで勤務していた。自宅から通信所までは車で常時5、6人で移動しており、12日には京都府内、19日には神戸市内を観光したという。

 府は観光時と、自宅と通信所との往来時を中心に濃厚接触者などを調べている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ