PR

ライフ ライフ

大阪万博で“女性エキスポ”を 多業種連携スタート 

 SDGsのテーマには「男女平等」があり、イベントに参加した松川るい参院議員は「ウィメンズエキスポを同時開催することで、日本が多様性ある社会への変革を重視しているとのメッセージをより強く発信できる」と強調する。万博への参加方法としては、(1)独自のパビリオンを設ける(2)SDGsなど別のブースの中に入る(3)万博公認の国際会議を期間中に大阪で開催する-などの方法が考えられるといい、万博の準備状況に応じて具体的な検討を進めるという。

 今後は毎年1回の大規模な交流イベントや有志による小規模な交流を通じ、さらに賛同者を広げる計画だ。中心メンバーの塚原さんは「来年は2倍、2年後はその2倍という形で最終的には1万人、2万人に広げていきたい」。女性が経営する企業を認証する米国の非営利団体「ウィコネクトインターナショナル」日本ディレクターの鈴木世津さんは、「万博を作りあげるための調達や企画などの過程で、女性企業が参画していくことも後押ししたい」と話している。

 経済産業省博覧会推進室の担当者は「他国開催も含めて過去に女性活躍にフォーカスした万博はなく、女性の社会進出を進めるために意義がある」と話している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ