PR

ライフ ライフ

群馬・高校野球 館林、常磐など2回戦へ 

【常磐-渋川工】常磐は一回表、阿部が左越えの満塁本塁打を放った=26日、群馬県高崎市の高崎城南球場(橋爪一彦撮影)
【常磐-渋川工】常磐は一回表、阿部が左越えの満塁本塁打を放った=26日、群馬県高崎市の高崎城南球場(橋爪一彦撮影)

 全国高校野球選手権群馬大会に代わる独自の「群馬県高校野球大会」は26日、上毛新聞敷島、高崎城南、桐生、前橋市民の4球場で1回戦8試合が行われ、シード校の館林、常磐が登場。ともに2回戦へ駒を進めた。大泉は延長サヨナラ勝ちし、渋川青翠、大間々、前橋東はコールド発進。桐生南、高崎も初戦を突破した。

 館林は初回に山中の適時打などで4得点し、試合をリード。七回、沼田に1点を許したものの、逃げ切った。

 桐生南は二回に藤本の適時打で先制したのを皮切りに得点を重ねた。七回には坂口、田沼の適時打で3得点。高経大付を大差で下した。

 常磐は初回、阿部の満塁打などで8得点した。その後も打線は好調。投手の木村が渋川工打線を1安打に抑え、五回コールド勝ちした。

 高崎は初回に飯塚将の適時打で先制し、着実に得点。八回に1点を返されたが、中央中等を振り切った。

 大泉と桐生西はシーソーゲームを繰り広げ、延長戦に突入。大泉が十一回、田部井の適時打でサヨナラ勝ちした。

 渋川青翠は初回と二回、田中結の適時打などで8得点。高崎北を大きく引き離し、無失点で七回コールド勝ちした。

 大間々は二回、五回と得点を重ね、七回には田村の適時打などで4得点。前橋西・四ツ葉・玉村・尾瀬を無失点で抑え、七回コールド勝ちした。

 前橋東は初回、船戸の適時打などで3得点。二回に1点差に詰め寄られるが、得点を重ねた。六回には船戸が再び適時打を放つなど点差を広げ、七回コールドで富岡に圧勝した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ