PR

ライフ ライフ

宿泊療養施設から無断外出も…神奈川で18人感染 新型コロナ

 神奈川県で、新型コロナウイルスの感染者が新たに計18人確認されたことを25日、各自治体が発表した。内訳は、横浜市11人▽川崎市2人▽藤沢市2人▽その他県域が3人。

 横浜市で確認された感染者は、10歳未満の保育園児から60代までの男女11人。このうち、30代の女性会社員と50代の男性会社員の2人は、都内の職場ですでに感染者が確認されていた。残りの9人の感染経路は不明。

 川崎市では50代の女性会社員と、20代の自営業の男性の感染が確認された。女性は感染者の家族で、男性の感染経路は分かっていない。県の発表では、平塚市、逗子市などに住むいずれも20代の男女3人の感染が確認され、2人の感染経路が不明という。

 藤沢市では、20代と40代の女性の感染が判明。20代の女性は県内の高齢者施設に勤務する看護師で、感染経路は不明としている。

 一方、横浜市は、市内の宿泊療養施設にいた60代の男性が、退所手続き前に無断で施設外に出ていたことを明らかにした。設置されていた鉄製のバリケードをよじ登って、施設外に出たとみられる。

 男性の療養期間は24日までで、25日の午前中には退所する予定だったが、同日午前8時ごろ、退所手続きを経ないまま外出。横浜駅まで車で行ったのち、再び施設まで戻り、正規の手続きをして退所したという。

 男性は「家に帰るための車を施設に届けてくれた人を駅まで送るために外出した」という旨の話をしているといい、市は今後、監視システムの強化などを検討するとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ