PR

ライフ ライフ

大阪でも大輪の花火「新しい日本」へ

打ち上げられた花火=24日午後8時1分、大阪府高石市(15秒間露光、安元雄太撮影)
打ち上げられた花火=24日午後8時1分、大阪府高石市(15秒間露光、安元雄太撮影)

 新型コロナウイルスの感染拡大により来年に延期された東京五輪の開会式が予定されていた24日夜、全国各地で一斉に花火が打ち上げられた。感染拡大が続く中、明日への希望を託す大輪の花が夏の夜空を彩った。

 来年に持ち越された五輪開催の機運を盛り上げるとともに新型コロナ禍で苦しむ人たちを元気づけようと、日本青年会議所(東京)が企画。各地の青年会議所と花火業者が協力し、全国計約100カ所で花火を打ち上げた。

 新型コロナの感染拡大防止のため詳しい打ち上げ場所は事前告知されなかったが、大阪府では高石市内などで午後8時から約1分半、打ち上げられた花火が夜空を輝かせた。

 堺高石青年会議所の大曲一聡(おおまがり・かずとし)さん(39)は「五輪を含めいろいろなイベントが中止や延期となり閉塞(へいそく)感があるが、花火が前向きな気持ちを持つきっかけになれば」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ