PR

ライフ ライフ

利用率31年全国1位 国民宿舎「鵜の岬」の魅力に迫る 茨城

人気の一つである夕食には、地元の日本酒や季節ごとの海の幸、山の幸がふんだんに並ぶ
人気の一つである夕食には、地元の日本酒や季節ごとの海の幸、山の幸がふんだんに並ぶ
その他の写真を見る(1/3枚)

 国民宿舎協会は、国民宿舎「鵜の岬」(茨城県日立市)の令和元年度宿泊利用率が全国69の国民宿舎の中で、31年連続1位だったと発表した。今夏は新型コロナウイルスの影響で、鵜の岬も団体客は大幅に減ったが、それでも個人客でほぼ満室という人気ぶり。民間シンクタンクの都道府県別魅力度ランキングでは、7年連続最下位の茨城県で、31年間不動の利用率日本一を貫く国民宿舎。その魅力に迫った。

■ロケとグルメ

 令和元年度、鵜の岬の宿泊利用率は82・9%。次いで「サンロード吉備路」(岡山県)の66・4%、「いわき荘」(青森県)の59%と続き、2位以下を大きく引き離した。鵜の岬の宇佐美泰重支配人は「太平洋を一望できる客室、地元食材中心の料理、そして心からのおもてなしが結果につながった」と分析する。

 鵜の岬の客室は、大きな窓に一面の太平洋が映る。海と山に挟まれた部屋は静寂に包まれ、朝は波の音で目が覚めるほど。大浴場ではサラサラな温泉に身を委ねて太平洋を一望でき、手軽な非日常を体験するにはうってつけのロケーションだ。

 食事では、海と山の幸に恵まれた茨城の魅力を生かし、県産のブランド豚や常磐沖でとれる「メヒカリ」など地元特産品を中心に、季節ごとに旬の食材が並ぶ。全国にはあまり出回らない地元酒蔵の日本酒もファンにはたまらない。

■茨城弁でおもてなし

 「『茨城の宿に来た』という特別感を味わってもらいたい」と宇佐美支配人は力を込める。スタッフ全員が心に留めているのは「田舎のおもてなし」だ。案内や会話には茨城弁を交え、和室の宿泊客には靴磨きのサービスもある。駐車場のお出迎えから始まり、車のお見送りに終わる。そんな田舎のおもてなしを忠実に何十年も繰り返してきた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ