PR

ライフ ライフ

処方薬をドローンで配達 北海道で初の実証実験

 北海道旭川市で19日、病院の薬局から老人ホームまで処方薬をドローンで届ける実証実験が行われた。オンラインでの診療や服薬指導と連動した全国初の試みで、医療過疎地から病院に通う患者の負担減が期待される。

 経済産業省や旭川医科大、ANAホールディングスなどが主体。実験では80代後半の糖尿病患者を想定し、旭川医科大が診療、調剤薬局大手のアインホールディングス(札幌市)が服薬指導、ANAがドローン操縦を担った。ビデオ通話を活用して医師が老人ホームにいる患者とオンライン診療のデモンストレーションを行い、薬剤師も同様にオンラインで服薬指導を実施。その後、ドローンでインスリンや注射針が入った保冷ボックスを約540メートル離れた施設に配達した。

 経産省などは道内を先駆けに事業モデルを確立させ、将来的に全国にも広めたい考えだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ