PR

ライフ ライフ

【花田紀凱の週刊誌ウオッチング】〈780〉米学者が注目する「日本のコロナ対策」

会見で「感染拡大警報」のパネルを掲げる小池百合子都知事=15日午後、東京都新宿区の都庁(宮崎瑞穂撮影)
会見で「感染拡大警報」のパネルを掲げる小池百合子都知事=15日午後、東京都新宿区の都庁(宮崎瑞穂撮影)

 表紙に台湾デジタル担当相オードリー・タンをもってきた『ニューズウィーク日本版』(7・21)の大特集「台湾の力量」は同誌には珍しくタイミングをハズした。

 台湾のコロナウイルス押さえ込み成功については既に各種メディアで報じられている。

 それより注目は比較政治学者マルガリータ・エステベス・アベ(米シラキュース大学准教授)の「日本の勝因は高齢者施設」というリポート。〈医学・疫学の専門家とは違う視点から「日本モデル」を再考〉。

 〈170万人以上が高齢者施設に入所・通所している世界一の高齢化社会である日本で、施設での集団感染が少ない〉

 コロナによる死亡者のうち高齢者施設での感染を比較すると、ドイツ39%、〈コロナ対策で評価が高い韓国でも〉34%に対して日本は14%。

 〈また、施設にいる高齢者のうち何%がコロナで亡くなったかという数値に換算すると、ドイツが0・4%、スウェーデンが2・8%、イギリスが5・3%、スペインが6・1%であるのに対し、日本は0・01%にも満たない〉

 理由としては早期の面会禁止、外出制限、職員による予防策などではとアベ准教授は推測している。

 『週刊ポスト』(7・24)では「小池父娘の実像を知る男」、浜渦武生氏(元東京都副知事)に独占インタビュー。

 浜渦氏は石原慎太郎氏の盟友で、かつて小池百合子都知事の父、勇二郎氏の選挙を手伝ったこともある。この辺は石井妙子氏の『女帝 小池百合子』(文芸春秋刊)に詳しい。この本、必読。

 浜渦氏の小池知事評。

 〈メディアは彼女の言うことが虚偽だとしても、改めようとしません〉〈今の彼女は、メディアが作り上げた“虚怪”〉

 その通りだ。なぜ大新聞、テレビは彼女の学歴詐称疑惑を追及しないのか。

 『週刊文春』(7月23日号)のトップ「森友自殺職員妻に安倍昭恵夫人が『人を信じられない』」は昭恵夫人の善意につけ込んだ、嫌な記事だ。

(月刊『Hanada』編集長)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ