PR

ライフ ライフ

神奈川で43人感染…3日連続40人台 40代以下が7割超 新型コロナ

新型コロナウイルス粒子の電子顕微鏡画像(米国立アレルギー・感染症研究所提供)
新型コロナウイルス粒子の電子顕微鏡画像(米国立アレルギー・感染症研究所提供)

 神奈川県で新型コロナウイルスの感染者が新たに計43人確認されたことを17日、各自治体が発表した。緊急事態宣言解除後の感染者数が最多となった前日(48人)までに続き、3日連続で40人を超えた。40代以下が7割以上を占めた。

 発表自治体別の内訳は、横浜市14人▽川崎市10人▽相模原市3人▽横須賀市2人▽藤沢市3人▽茅ケ崎市3人▽その他県域8人。

 年代別では、10代6人▽20代14人▽30代6人▽40代5人▽50代9人▽60代2人▽70代1人-で、80代以上はいなく、若い世代が目立った。

 横浜市は14人中8人が10~20代。所属先は、10代の2人が高校生と「学生」、20代は会社員、教員(特別支援学校教員)、飲食業、アルバイトなどだった。

 川崎市は、10人中5人が10~20代で、所属先は「学生」、アルバイト、フリーターなどだった。相模原市の3人は、2人が東京都内の会社に勤める30代男女。1人が県内の「学生」だった。

 このほか、横須賀市では小学生男児、茅ケ崎市では県内の医療機関に勤める看護師の30代女性の感染が明らかになった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ