PR

ライフ ライフ

無症状者も唾液でPCR検査認める 厚労省、空港検疫や濃厚接触者

厚生労働省=東京都千代田区(納冨康撮影)
厚生労働省=東京都千代田区(納冨康撮影)

 加藤勝信厚生労働相は17日の閣議後記者会見で、新型コロナウイルスの感染を調べるPCRなどの検査について、無症状の人でも唾液を検体として使うことを認めると明らかにした。ただ、費用を公費で負担するのは、海外からの入国者や濃厚接触者など感染の可能性がある人に限られる。鼻の奥の粘液を綿棒で取る方法よりも、安全で簡単に検体を採取できる。

 綿棒で鼻の奥の粘液を取る従来の方法は、せきやくしゃみが出やすく、採取する人が感染するリスクがある。唾液を検体として使えれば、検査を受ける人に唾液を容器に出してもらうだけで済む。厚労省は症状が出ている人では発症から9日までなら唾液を使った検査を認めている。

 厚労省は、東京都内で症状がない感染者数十人を対象に、鼻の奥の粘液と唾液の両方を使って検査の精度を検証。結果がほぼ一致したことから、空港の検疫所で検査を受ける入国者や濃厚接触者など感染している可能性がある場合なら検体を唾液にしても問題ないと判断した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ