PR

ライフ ライフ

【藤井時代 最年少棋聖】(上)異次元の終盤力 「名人を超えたい」詰め将棋が原点

将棋大会に出場した小学1~2年生のころの藤井聡太新棋聖(文本力雄さん提供)
将棋大会に出場した小学1~2年生のころの藤井聡太新棋聖(文本力雄さん提供)
その他の写真を見る(1/4枚)

 関西将棋会館(大阪市福島区)で16日に行われた「第91期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負」(産経新聞社主催)の第4局。控室のモニターに映るのは相手玉を寄せる終盤戦の藤井聡太(17)の姿だ。師匠の杉本昌隆(51)は寄せ切ると確信をもって見つめていた。

 正確な指し回しと鋭い攻め。特に終盤は「異次元の強さ」と評される。自玉と相手玉の詰みの有無を一瞬で見抜き、無駄なく寄せ切る。類いまれな終盤力は詰め将棋で培われた。そのルーツとなった教室が地元、愛知県瀬戸市にある。

 「勝ち方がまさに王道。相手の得意戦型でぶつかって勝ってますね」

 名古屋鉄道新瀬戸駅近くの住宅街で「ふみもと子供将棋教室」を営む文本力雄(65)が最近の藤井の強さに目を細めた。

幼い頃の藤井聡太新棋聖を鍛えた文本力雄さん。「みんなで強くなろう」など8カ条の教室訓を掲げ、礼儀作法も指導した=愛知県瀬戸市
幼い頃の藤井聡太新棋聖を鍛えた文本力雄さん。「みんなで強くなろう」など8カ条の教室訓を掲げ、礼儀作法も指導した=愛知県瀬戸市
その他の写真を見る(2/4枚)

 教室に藤井が来たのは、平成19年12月の5歳の頃。祖母に将棋セットを買い与えられてのめり込み、祖母と母に連れられてきた。「女の子のようなかわいい顔をした子だな、と思いましたよ」と振り返る。

 教室では「定跡」「詰め将棋」「対局」の3つを重視する。定跡とは最善とされる決まった手順のこと。教室の教科書として、図面や手順が記された480ページの定跡本を子供たち全員に少しずつ覚えさせた。

 藤井はまだ、字の読み書きはおぼつかなかったが、1年で覚えた。「図面の形や文字を視覚で覚えたんでしょう。記憶力は抜群でした」

▲   △

 一方、詰め将棋は相手玉を王手の連続で詰ませるパズルのこと。実戦で相手玉の詰みを見つけるのに役立ち、相手玉が王手にどう対応するか考えることで読みの力もつく。

 「黙々と解き、スピードも速い。答えは合っているんですが、まだ字がうまく書けないので、先生に字を訂正されていました」。聡太と同じ杉本門下で、幼稚園児だった藤井を知る女流初段の中澤沙耶(24)は笑う。「上級生の感想戦に加わるなど行動力もあった。将棋が大好きな気持ちがにじみ出ていて、いつも輪の中心にいた」という。

その他の写真を見る(3/4枚)

 小学校入学前後で問題を作るほどになり、「作ったよ」と上級生に持ってきた。小学3、4年生になると40~50手詰めの作品を解いた。「プロでもてこずるレベルですよ」と文本は才能に舌を巻いたという。

 対局や詰め将棋で、手ぬぐいで目隠しをするトレーニングも実施。頭の中で駒を動かし、記憶力や集中力を養った。

 詰め将棋を解く速さと正確さを競う「詰将棋解答選手権」の最上級「チャンピオン戦」で平成27年、小学6年生で初優勝し、以来、毎年優勝している。

▲   △

 「名人を目指すなら応援しない。名人を超えろ」

 小学4年生の夏、棋士養成機関「奨励会」に入会することになり、母とともに訪ねてきた藤井に、文本は厳しいメッセージを投げかけた。名人は将棋界で最も歴史がある称号だ。藤井は戸惑った様子で、じっと黙っていたという。

その他の写真を見る(4/4枚)

 「聡太は日本一の子供。名人の上を目指してほしい。それができる」と信じての一言だった。「でも、まだ子供。よく分からなかったんでしょう」

 しかしその半年後、地元のラジオ局の番組に出演した藤井は、将来の目標を尋ねられ、こう答えた。

 「名人を超えたいです」

 しっかりとした口調。文本は、それがかなうと改めて確信した。

敬称略

(中島高幸)

 17歳11カ月の史上最年少で初タイトルを獲得した藤井聡太新棋聖。これまで数多くの最年少記録をうち立ててきた天才の原点や、その強さを探る。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ