PR

ライフ ライフ

和歌山県の観光キャンペーン好調、1週間で1億4200万円売り上げ

和歌山県がアピールする「わかやまリフレッシュプラン」
和歌山県がアピールする「わかやまリフレッシュプラン」

 新型コロナウイルスの経済対策で、和歌山県民が県内宿泊施設などを利用する際、最大1万円を補助する県の観光キャンペーン「わかやまリフレッシュプラン」が、8日の発売から1週間で約1億4200万円を売り上げた。当初組んだ予算額の4割超にあたる好調ぶり。全国的に再び感染が増える傾向にあり、国も観光支援事業「GoToトラベル」対象から東京都発着の旅行を除外する中、安全な近場への観光需要をうまく取り込んだ形で、県の担当者は「反響は予想以上。売り切れ前に予定を組んで、県内旅行を満喫してほしい」と呼びかけている。

 プランは、新型コロナウイルスで打撃を受けた県内の観光業界を支援しようと企画された。

 県内のホテルや旅館など165施設と、旅行業者62業者が販売する企画旅行や宿泊プランが対象。上限は1人1泊あたり最大1万円で、額面5千円の電子チケットを事前に2500円で購入し、決済に使えば割引サービスが受けられる。対象期間は7月10日~9月30日出発分。県の予算額は約3億2千万円。

 県によると、6月下旬の実施決定後、販売時期や対象施設などについて問い合わせが急増。今月8日に特設サイトで電子チケットの販売を始めると注文が殺到し、翌9日には1万1千枚以上売れた。その後も連日4千枚以上を売り上げ、販売開始から1週間後の15日には、計約5万6800枚(1億4200万円分)に達した。

 専用のコールセンターには1日最大2千件の問い合わせがあり、一時はスタッフを増員して対応。インターネットを使えない利用者が直接、ホテルなどにプラン利用を告げる宿泊予約も増えているという。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ