PR

ライフ ライフ

関東上空の火球の正体、千葉県で発見 「習志野隕石」と命名

「習志野隕石」の2個の破片。きれいに合う断面がある(国立科学博物館提供)
「習志野隕石」の2個の破片。きれいに合う断面がある(国立科学博物館提供)
その他の写真を見る(1/4枚)

 今月2日未明に関東上空で観測された「火球」の正体とみられる隕石(いんせき)の破片2個が、千葉県習志野市で見つかったと国立科学博物館が13日、発表した。元々は直径数センチの大きさだったとみられるが、2つに割れたらしい。破片の重さは63グラムと70グラム。同博物館は「習志野隕石」と命名し、国際隕石学会に登録申請する予定だ。

 同博物館によると、隕石が落下したのは習志野市のマンション。夜中に大きな音がし、朝になって住民が調べると共用廊下で破片1個が見つかった。ニュースを聞いて隕石ではないかと思い保管。廊下の手すりに隕石が当たったとみられる傷があり、さらに調べると中庭で2個目の破片が見つかった。

 同博物館に調査依頼があり、分析すると宇宙線が衝突してできたアルミニウムやナトリウム、マンガンなどの同位体を検出。短いものは半減期が数日のため、最近落下した隕石であることが確認できた。

 隕石の落下は平成30年、愛知県小牧市の民家に落ちた「小牧隕石」以来。習志野隕石が登録されれば国内53番目となる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ