PR

ライフ ライフ

【書評】『少年と犬』馳星周著 人の心動かす奇跡の存在

 数万年というはるか昔から人間と暮らしてきた動物。近年も愛犬家は多く、ドッグセラピーなど医療分野でも高い効果が認められている。犬という生き物の何が時代を超え、こんなにも人の心を動かすのだろう。直木賞候補作となったこの小説の中に、答えの鍵がある気がする。

 物語は6章構成。「男と犬」からスタートする。舞台は東日本大震災から半年後の仙台。まだ震災の爪痕を色濃く残した街で、男は一匹の痩せた犬と出会う。革の首輪には「多聞(たもん)」の文字。衝動的に男は多聞を飼うことを決める。家族のため犯罪に手を染める男と多聞は絆を強めていくが、ふとした瞬間、なぜか多聞の心は南の方角へと引き寄せられている。

 果たしてそこには何があるのか-。

 「少年と犬」というタイトルを最初に見たとき、よくある少年と犬が心を通わせる映画のようなイメージだった。ところが、実際には傷を負った人間たちのリアルな内面が生々しく描かれている。彼らに寄り添う一匹の犬が抱える謎が織りまぜられ、一見脈絡のないピースが少しずつはまっていくような構成になっている。

 新潟、富山、滋賀、島根。多聞は南に向かいながらも道中、救いが必要な人々の前に現れる。まるでそれが自分の使命であるかのように。仲間割れを起こした外国人窃盗団の男。絆の壊れかけた夫婦。体を売って男に貢ぐ女。死期の近い老猟師…。多聞自身がバトンとなり、熊本に住む心を閉ざした少年が登場する最終章「少年と犬」へと物語を紡いでいく。

 本書を読み終えるとき、人間の弱さゆえの愚かさを通して、犬という存在の奇跡を強く感じるはずだ。自分の相棒として、親友として、家族として、彼らと人生を共にしたことのある人は、ラストの少年の言葉に救われるに違いない。

 愛犬家としても知られ、“ソウルメイト”として長い時間を過ごしてきた作者が、小説の随所にちりばめた奇跡への答えの鍵。長年、愛犬とともに過ごしてきた私自身もその鍵をもらった一人だ。今年春、15年と10カ月の生涯を終えたゴールデンレトリバーを見送った母に、本書を薦めようと思う。(文芸春秋・1600円+税)

 評・中島亜梨沙(女優)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ