PR

ライフ ライフ

【話題の本】『猫のいる家に帰りたい』 心配ごともどうでもよくなる

「猫のいる家に帰りたい」
「猫のいる家に帰りたい」

 伸びをする猫、膝の上に乗ってくる猫、爪を研ぐ猫…。猫との暮らしを、猫歌人の仁尾智さんが短歌とエッセーでつづる。猫専門誌『ネコまる』『猫びより』で好評を博している連載の単行本だ。

 「撮らないでただ眺めてる 被写体のような姿で寝る猫のこと」

 猫の存在は魅力的なものだが、寝姿は格別だ。リビングの床で、まるで人を笑わせようと狙ったかのような寝相で眠る猫。撮影しようと思ったが、猫の思うつぼにはまってしまう気がしてやめた。「猫が寝ている様子を見ると、心配ごとや、わだかまっていることがどうでもよくなる」という。

 「里親に猫を届けて行きよりも キャリーバッグが軽くて重い」

 仁尾さんは、猫の保護や引き渡し、みとりなどの活動にも取り組んでおり、複雑な心境や別れの寂しさなども詠っている。

 小泉さよさんの優しいタッチのイラストにも、ほっこりさせられる。

 仁尾さんは「肩ひじ張らずに読んでもらって、短歌や保護猫に興味を持ったり、さらに短歌を作ったり、猫を飼いたくなったりしてもらえたら、とても幸せなことです」と話している。(仁尾智 短歌・エッセイ 小泉さよ イラスト 辰巳出版・1300円+税)

 横山由紀子

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ