PR

ライフ ライフ

山開きなのに…今夏は「富士山登山できません」県救助隊も常駐せず

登山道方面は「通行止め」の富士山スカイラインの2合目付近=10日、富士市
登山道方面は「通行止め」の富士山スカイラインの2合目付近=10日、富士市

 10日は富士山の静岡県側の山開き。いつもならば夏山シーズン到来を告げるはずが、今夏は新型コロナウイルスの影響で、県が登山ルートを閉鎖し「登山はできない」と呼びかけている。県警も山中での常駐警備を実施せず、登山を強行して負傷などした場合、救助は困難と自制を促す。感染症が長期化する中、例年、登山客でにぎわう霊峰は「静寂の夏」を迎えることになる。

 閉鎖している静岡県側の登山ルートは、いずれも5合目から山頂までの富士宮口、御殿場口、須走口。山梨県側の吉田口も閉鎖している。5合目に通じる静岡県側の富士山スカイライン、ふじあざみラインなども通行できない。

 山小屋は静岡、山梨両県側とも一斉休業となり、登山客が避難する場所がなくなる。加えて登山道も未整備で、落石の危険性がある上、標識もない。これに伴い、県警は山岳遭難発生時に迅速に対応する救助隊を富士宮口9合目の山小屋に常駐させず、富士宮口と須走口の5合目に設けていた臨時警備派出所も開設しない。

 それでも、登山者が遭難するなどして110番通報があれば、救助に向かう構えだが、富士山麓からは時間がかかるだけに、県警も「今年の登山はやめてほしい」と訴える。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ