PR

ライフ ライフ

宣言再発令要請「大いにありうる」 埼玉知事 

内閣府で記者団の取材に応じる埼玉県の大野元裕知事=9日午後
内閣府で記者団の取材に応じる埼玉県の大野元裕知事=9日午後

 埼玉県の大野元裕知事は9日、県内での新型コロナウイルス感染者の増加を受け、緊急事態宣言の再発令を政府に要請する可能性について「大いにありうる」との認識を示した。東京都内で記者団に語った。

 県内で8日に確認された感染者が約3カ月ぶりに40人を超えたことに関しては「極めて憂慮している」と懸念を表明した。東京都内で9日に判明した感染者が224人に達したことに対しても「埼玉との密接な人の往来に鑑(かんが)みれば無関係といえない。大変心配している」と述べた。

 県内の感染状況については、キャバクラ店などでの感染拡大が全体の感染者数を押し上げているとの見方を重ねて示し「ターゲットを絞った対応を今は行う」と強調した。若年層に感染が広がっている傾向にも言及し「若い人は行動範囲が広い。国や東京都との連携が必要になると強く思っている」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ