PR

ライフ ライフ

「気候危機状況だ」小泉環境相 経団連・中西会長と石炭火力休廃止などで意見交換

経団連の中西宏明会長と会談する小泉環境相=8日、東京都千代田区(代表撮影)
経団連の中西宏明会長と会談する小泉環境相=8日、東京都千代田区(代表撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 経団連の中西宏明会長は8日、東京都内で小泉進次郎環境相と会談し、気候変動問題などで意見交換した。会談で小泉氏は「今回の一夜の雨でこれだけの(河川の氾濫などの)被害が発生するというのは改めて気候危機状況だ」と述べ、環境省と経団連の定期的な会合を呼びかけた。

 会談では経団連が会員企業とともに始めた脱炭素社会実現に向けた「チャレンジ・ゼロ」や、多くの二酸化炭素(CO2)を排出する非効率な石炭火力発電への対応なども含めた、総合的なエネルギー・環境政策の方向性を議論した。

 会談冒頭、中西氏は「着実に環境の問題は身に迫っている。政府の取り組みだけでなく、民間のイノベーションや投資、企業のさまざまな取り組みが欠かせないというのが共通の認識になっている」と、経団連の環境問題への姿勢を説明した。

 これに対し、小泉氏は石炭火力発電に関して、政府の非効率な設備の休廃止方針に加え、プラント輸出に関する支援要件の厳格化で、政府の検討が大詰めとなっていることを説明した。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ