PR

ライフ ライフ

積乱雲の連続発生「線状降水帯」再発も 西・東日本で激しい雨警戒

土が流れ、通行止めになった国道219号=5日午前10時40分、熊本県球磨村(ドローン使用、沢野貴信撮影)
土が流れ、通行止めになった国道219号=5日午前10時40分、熊本県球磨村(ドローン使用、沢野貴信撮影)

 梅雨前線の停滞に伴い、西日本と東日本で5日夜から6日にかけて局地的に雷を伴う非常に激しい雨が降る恐れがあるとして、気象庁は5日、土砂災害や河川の増水・氾濫に注意を呼び掛けた。

 熊本、鹿児島両県では3日からの雨で地盤が緩んだり、河川がすでに氾濫したりしていることから、24時間雨量が100ミリ程度でも土砂災害などが発生する可能性があり、7日にかけて警戒が必要としている。

 積乱雲が同じ場所に連続発生することで局地的な豪雨をもたらす「線状降水帯」が熊本、鹿児島両県に発生したとみられる3~4日の夜間に続き、7日にかけて西日本に再び発生する可能性もあり、その場合は降水量がさらに増えるという。

 気象庁は、梅雨前線の北上に伴い、6日にかけては四国、東海地方でも警報級の大雨が降る可能性が高いとしている。

 6日正午までの24時間予想雨量は鹿児島県を含む九州南部250ミリ、熊本県を含む九州北部200ミリ、東海180ミリ、近畿、四国150ミリ、関東甲信130ミリ、北陸、中国60ミリ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ