PR

ライフ ライフ

新宿で検査の接客業男性、結果判明前に山梨に…陽性と判明

山梨県庁=甲府市丸の内(渡辺浩撮影)
山梨県庁=甲府市丸の内(渡辺浩撮影)

 山梨県は3日、東京都新宿区保健所で新型コロナウイルスのPCR検査を受けた都内在住の20代接客業男性が結果判明前に県内に移動し、陽性が分かったと発表した。

 県によると、男性は1日、繁華街の飲食店従業員への集団検査を受けた後、自家用車で県内に移動。2日未明に親族宅に到着したが、この日、37・2~38・9度の発熱と頭痛があった。

 3日に区保健所から男性と県に陽性の連絡があった。4日に県内の医療機関に入院する予定だ。

 区保健所は男性に対し、結果判明まで自宅待機するよう要請していたとみられる。男性は2、3日ともほとんど部屋から出ず、親族と接触しないようにしていたというが、県は念のため親族3人のPCR検査を行う。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ