PR

ライフ ライフ

歌舞伎町に続き池袋でクラスター 「夜の街」苦悩広がる

JR池袋駅周辺をマスク姿で歩く人々=3日午後、東京都豊島区(萩原悠久人撮影)
JR池袋駅周辺をマスク姿で歩く人々=3日午後、東京都豊島区(萩原悠久人撮影)

 東京都で新型コロナウイルスの感染者数が再び急増している。3日には124人が新たに確認され、2日連続で3桁の水準に。感染は夜の繁華街で若い世代を中心に広がっており、歌舞伎町(新宿区)に続き池袋(豊島区)でもクラスター(感染者集団)が発生した。経済への悪影響を懸念する政府や都が、再度の緊急事態宣言発令や休業要請に慎重な姿勢を示す中、事業者は感染防止対策に追われ、若者からも困惑の声が漏れる。

 「区の取り組みを東京都のモデルにしてもらいたい。池袋、豊島区が安全だといえるように、頑張っていきましょう」

 池袋で感染が広がっていることを受けて3日、豊島区内で開かれた緊急会合。小池百合子知事は、出席した飲食店関係者らに協力を呼び掛けた。池袋では今月1日、ホストクラブで11人の集団感染が発覚。池袋保健所によると6月24~30日の1週間で45人の感染が確認され、約半数を夜の街関連の感染者が占めた。

 会合では、都の担当者らが感染状況を説明し、都や業界団体が出しているガイドラインなどを参考に、各店で感染防止策を再度確認するよう要望。高野之夫区長も、池袋にあるホストクラブの従業員全員を対象にPCR検査を実施すると表明した。会合後に取材に応じた高野区長は「(感染が)市中に広がれば手の打ちようがなくなる。まずは『夜街』を食い止めなければいけない」と強調した。

 会合に参加した、スナックやバーなどが加入する池袋社交飲食業組合の渡辺岩男会長は「各店が自覚を持って(感染防止対策を)やってくれており、組合加入店から感染者は出ていない。ひとくくりにされ、客足が遠のかないか不安だ」と懸念。別の関係者は「池袋は大丈夫と高をくくっていた人もいたかもしれない」と声を落とした。

 繁華街の「夜の街」での感染拡大では、20~30代の若い世代が目立つ。

 「これだけ感染者が増えたらまた休業要請するしかないのでは」。都内で勤務する、さいたま市の男性会社員(32)はこう話す。キャバクラ店など接待を伴う飲食店にはほとんど行かないが、夕食はいつも池袋周辺で済ませるといい「夜の街というくくりで普通の飲食店も閉まることになったら困る。業種を絞って休業してほしい」と注文を付けた。

 文京区に住む大学2年の女子学生(21)は「夜の街だけかと思っていたのに、100人も感染している人がいたら街中にも普通にいるかと思うと怖い」。キャバクラ店でアルバイトしている友人がいるといい「お店の人も感染が怖いという思いは同じだと思うが、生活もあるので働かざるを得ないのが本音なのでは」とおもんぱかった。

 一方、練馬区の男性会社員(29)は「ニュースでは騒ぎになっているけど周りで感染した人もいないし、正直実感はわかない」と打ち明ける。

 休業要請解除後は感染拡大前と同じように居酒屋なども利用し、行きつけだったキャバクラ店にも顔を出しているという。「職場の先輩には『気をつけろ』といわれているけど、経済を回すために休業を解除したのに誰も行かなかったら再開の意味がない。よく行く店は入店者数を減らすなど気を付けているし、(感染は)あまり心配していない」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ