PR

ライフ ライフ

新型コロナ候補薬、スパコン富岳で数十種類発見 理研 

新型スーパーコンピューター「富岳」
新型スーパーコンピューター「富岳」

 理化学研究所は3日、新型コロナウイルス感染症の治療に有望な候補薬を、新型スーパーコンピューター「富岳」(神戸市)を使って数十種類見つけたと発表した。新しい治療薬の開発につながると期待される。

 約2千種類の既存の医薬品について、新型コロナの増殖に関わるタンパク質にどのように作用するかシミュレーション(模擬実験)で調べた。タンパク質に結合して働きを阻害する効果を分析し、有望な数十種類の薬を特定した。

 これまで新型コロナの治療薬候補に挙がっていない薬も多く含まれ、日本の企業が開発した薬が最も阻害効果が高かった。具体的な製品名は明らかにしていない。12種類は既に海外で治験が行われているという。

 今後は細胞を使った実験で効果を検証するほか、製薬企業と連携して臨床研究や治験を目指す。

 富岳はスパコンで世界一の性能を誇り、前身の「京(けい)」で1年以上かかる大規模なシミュレーションをわずか10日で実施できた。研究チームの奥野恭史京都大教授は「ウイルスと全く関係のない薬の中から有望な候補が見つかった。富岳だからこその成果だ」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ