PR

ライフ ライフ

インタビューのコツ、記者が伝授 東京・国分寺五小で出前授業

新聞記事を使ってインタビューのコツを伝える田中充記者。授業は換気やマスクの着用といった新型コロナウイルス対策をして行われた=3日、国分市立第五小
新聞記事を使ってインタビューのコツを伝える田中充記者。授業は換気やマスクの着用といった新型コロナウイルス対策をして行われた=3日、国分市立第五小

 東京都国分寺市立第五小学校(竹泉稔校長)で3日、5年生約80人に産経新聞記者が「インタビューのコツ」を教える出前授業が行われた。6月下旬から通常登校している同校の児童らは、新型コロナウイルス対策のため全員マスクを着用。手洗いやうがいをした上で、教室のドアや窓を開けながら授業を受けた。

 出前授業は教育に新聞を活用するNIEの一環で、産経新聞運動部の田中充記者とNIE事務局の戸谷真美記者が担当。両記者もマスクの着用や手洗いなど感染対策を徹底して臨んだ。

 田中記者はプロ野球などの取材経験を話しながら、「みんながまだ知らないことや知りたいことを聞き出して、友達の新たな魅力を引き出そう」と呼びかけた。

 授業を受けた秋元一葵(かずき)君(10)は「新聞記者は手と足と頭を使ってインタビューをしていることが分かった」、小嶋慶君(10)も「友達のインタビューをするのが楽しみ」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ