PR

ライフ ライフ

教員増で「『密』避けられる」少人数学級を 地方3団体、文科相に要望

 全国知事会、全国市長会、全国町村会の地方3団体の代表は3日、萩生田光一文部科学相と省内で会い、新型コロナウイルス感染の再拡大に備え、少人数学級に必要な教員確保を求める提言書を手渡した。荒木泰臣町村会長(熊本県嘉島町長)は会談後「教室が余っている地域もある。密な状態を避けられるような教員の配置をお願いしたい」と記者団に語った。

 萩生田文科相は「コロナ後の学習を考えれば、現在の40人学級は人数が多いのではないか」と述べたという。

 提言書によると、公立小中学校の教室の面積は平均64平方メートル。40人学級では感染防止に必要なスペースを確保できないとして、少人数学級の実現に向けて教員の増員を求めた。オンライン学習に必要な教材や資機材といった学習環境の改善や財政支援も要請した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ