PR

ライフ ライフ

青森・再処理工場でトラック出火 放射性物質漏えいなし

 3日午前8時35分ごろ、青森県六ケ所村にある日本原燃の使用済み燃料再処理工場の敷地内で、2トントラックのエンジン部分から火と煙が出ているのを協力企業の作業員が見つけ消火した。けが人はいない。現場は放射線管理区域の外で、放射性物質の漏洩(ろうえい)はなかった。

 原燃によると、敷地内で出た一般ごみを集積する建物の近くで、作業員がトラックの点検中に焦げ臭いにおいがしたという。同社は「原因の調査結果を踏まえて対策を講じ、再発防止に努める」とコメントした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ