PR

ライフ ライフ

小泉環境相「脱炭素へ揺るぎない姿勢」 石炭火発休廃止方針に 

小泉進次郎環境相=3日午前、首相官邸(春名中撮影)
小泉進次郎環境相=3日午前、首相官邸(春名中撮影)

 小泉進次郎環境相は3日の記者会見で、梶山弘志経済産業相が国内の非効率な石炭火力発電所を令和12年度までに休廃止する方針を表明したことについて「脱炭素社会の実現に向けた揺るぎない姿勢を国際社会に示す一歩だ。梶山氏のリーダーシップに敬意を表したい」と語った。

 小泉氏は昨年の環境相就任以来、二酸化炭素の排出量が多い石炭火力発電への依存脱却を唱えてきた。「動かざること山の如し、とみられたエネルギー政策を解きほぐす風穴があいた」と述べた。

 小泉氏は経産省側と協議している石炭火力発電所の輸出に関する政府支援要件について厳格化する方向で調整が進んでいることも明らかにした。「梶山氏は(記者会見で)『厳格化に向けてはっきりさせる』と答えた。現時点でいえるのは、そこだ」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ