PR

ライフ ライフ

小池都知事「非常に多い数字」 感染経路不明者が急増

会見に臨む東京都の小池百合子知事=2日午後、東京都新宿区(川口良介撮影)
会見に臨む東京都の小池百合子知事=2日午後、東京都新宿区(川口良介撮影)

 東京都の新型コロナウイルス感染者が2日、緊急事態宣言解除後の最多を更新し107人に上った。「今は感染拡大要警戒の段階にある。都民の皆さんにはこの認識を共有していただき、夜の繁華街への外出自粛などをお願いしたい」。小池百合子知事はこう都民に訴えかけ、「非常に多い数字だ」と厳しい表情を浮かべた。

 107人のうち、「夜の街」に関連する人は29人で約3割を占めた。新宿地区が16人、池袋地区が2人だった。そのほか、友人との会食や家庭内で感染したケースなど「夜の街」以外も目立ったという。

 小池氏が都民に何らかの自粛を呼びかけるのは、6月2日に発動した「東京アラート」以来となる。特に今回も「夜の街」と具体的に呼びかけた。強い危機感の背景には、専門家の分析がある。

 都はこの日、専門家会議を開催した。1日あたりの新規感染者(7日間平均)など、新たに設定した7つの指標に基づき、感染状況を分析した。

 感染者の数については、PCR検査の積極的な実施など、3~5月の第1波とは状況が異なるとして、専門家からは「ただちに外出自粛などの要請が必要とはいえない」との認識が示された。

 一方で、感染経路が不明な感染者の増加については懸念する意見が出た。

 1日時点で、感染経路不明者(同)は27・1人で、前の週と比較した増加比は158%となった。これが4週間続いた場合、経路が不明な新規感染者は現在の約4倍、1日あたり160人の発生が見込まれるとした。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ