PR

ライフ ライフ

【現場から】「感染者出る怖さ、思い知った」 東京・世田谷の介護施設

デイサービス利用者が使う机の上には、飛沫防止用のアクリル板が置かれている=1日、東京都世田谷区
デイサービス利用者が使う机の上には、飛沫防止用のアクリル板が置かれている=1日、東京都世田谷区

 新型コロナウイルスの脅威が高まる中、高齢者約90人を抱える東京都世田谷区の高齢者介護施設の空気が一変した。「感染者が出る怖さを思い知った」。施設長の男性(49)は振り返る。

濃厚接触者51人

 「職員が陽性です」。3月下旬、施設長のもとに保健所から1本の電話が入った。施設の通所介護(デイサービス)に携わる職員が感染していた。

 予兆は1週間前にあった。この職員が微熱のため早退していたのだ。職員14人、利用者37人が濃厚接触者として自宅待機になった。デイサービスは2週間の営業自粛を決めた。

 「後ろから殴られた思い」を抱えながらも、すぐに対応に追われた。中でも苦労したのが、濃厚接触者となった高齢者の受け皿の確保だ。濃厚接触者は他のデイサービスや訪問診療の利用を断られたため、法人内の事業所などを模索。約3週間、切羽詰まった状況が続いた。施設には「近くの薬局も使いたくない」といった誹謗(ひぼう)の言葉を浴びせる電話も相次いだ。その後、新たな感染者は出ず、4月上旬に再開した。

明確な対処法示さず

 現場では、感染者が出た場合の明確なルールづくりを行政に求める声もある。

 同施設は特別養護老人ホーム(特養)も併設し、高齢者約90人に職員50人が対応している。食事や入浴など職員と入所者が密接に関わることが多く、濃厚接触者である職員の感染にも警戒を強めている。施設長は「職員がウイルスを持ち込む可能性が一番高い」と消毒作業などを徹底。対策を日々模索する中、「特養で感染者が出た場合の対処方法を行政に聞いても、いまだに明確な答えをくれない」と不満を漏らす。

 現状では、感染が判明した高齢者は原則入院するが、検査結果が出るまでや陽性判明後に入院先を調整するまでの間、施設内で待機する可能性がある。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ