PR

ライフ ライフ

こうめちゃんとアマビエが合体 缶バッジがお目見え 群馬・安中

こうめちゃんとアマビエを重ねたデザインの缶バッジ
こうめちゃんとアマビエを重ねたデザインの缶バッジ

 群馬県安中市のふるさと学習館の缶バッジ作り体験コーナーに1日、市のマスコットキャラクター「こうめちゃん」と疫病に霊験のある伝承の妖怪「アマビエ」を重ね合わせた図柄の缶バッジがお目見えした。

 「新型コロナウイルスに立ち向かう気持ちを支援しよう」と、館を管理する市文化財保護課の職員が作製。ウメの花飾りの愛らしいこうめちゃんの顔とアマビエのウロコの胴体をデザインしている。入館料のほか、材料費100円で自分で作ることができる。

 これとは別に、市は茂木英子市長のメッセージなどを添えて、この図柄の缶バッジを市内の小中学生4235人にプレゼント。茂木市長は「新型コロナウイルスで大変な経験をした子供たちを応援したい」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ