PR

ライフ ライフ

ハローキティがSDGs応援 「未来はもっとハッピーな世界」

キティはバングラデシュのロヒンギャ難民キャンプを訪問し、助産師の活動を取材した
キティはバングラデシュのロヒンギャ難民キャンプを訪問し、助産師の活動を取材した
その他の写真を見る(3/4枚)

「HELLO KITTY CHANNEL」で配信 ロヒンギャ難民キャンプなど現地取材

 SDGsの取り組みに共感したキティは2018年から、ユーチューブ「HELLO KITTY CHANNEL」で、SDGsについて紹介する動画シリーズを配信するなど応援活動を始めた。19年から国連と「#HelloGlobalGoals」動画シリーズで協働している。

 全世界のキティファンに、SDGsについて知ってもらい、自分事として考えてもらおうというのが協働の狙いだ。17の目標のうち、「すべての人に健康と福祉を」「質の高い教育をみんなに」「ジェンダー平等を実現しよう」「住み続けられるまちづくりを」「気候変動に具体的な対策を」「海の豊かさを守ろう」の6つに関する動画を配信していく。

 動画はテーマごとに、キティが国連機関の専門家に話を聞いて学ぶ前編と、国連が実施しているプロジェクトの現場を訪問し取材する後編の2本立て。現在、4つのテーマの動画が公開されている。

 「すべての人に健康と福祉を」の動画では、国連人口基金(UNFPA)のサポートのもと、妊産婦と赤ちゃんを救う取り組みについてリポート。バングラデシュにあるミャンマーから逃れてきたロヒンギャ難民キャンプを訪問しキャンプで活動する助産師の女性にインタビューをした。「自分の仕事が大好きで誇りを持っています」と答える助産師に、キティは「こんなヒーローさんがいるから難民の赤ちゃんとお母さんの健康が守られているのですね」と話していた。

 今年1月にはキティのSDGs応援活動をまとめたスペシャルサイトも開設された。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ