PR

ライフ ライフ

神奈川で新たに31人感染、横浜のホストクラブ26人 新型コロナ

神奈川県庁=横浜市中区(高橋天地撮影)
神奈川県庁=横浜市中区(高橋天地撮影)

 横浜市は30日、市内のホストクラブの従業員26人の新型コロナウイルス感染を発表した。同店ではこれまでにも従業員6人の感染が判明しており、同店の感染者が計32人となったことも明らかにした。神奈川県内ではこのほか計5人の感染も確認され、同日発表された感染者は計31人となった。感染者数が30人台となるのは5月14日以来、約7週間ぶり。

 横浜市によると、このホストクラブは同市中区にあり、計43人が在籍。これまでに計6人が感染していたことから、市は29日に立ち入り検査を行い、従業員らにPCR検査を実施していた。新たに判明した感染者はすべて男性で、20代16人▽30代9人▽40代1人-の計26人。

 同店はクラスター(感染者集団)が発生している東京・新宿区の店舗との間で複数の従業員の往来があったといい、市は新宿の店舗が感染源となった可能性があるとみている。

 このほか、横浜市は自営業の30代男性と、会社員の20代女性の感染を発表。川崎市では会社員の60代男性、相模原市では大学生の20代男性、平塚市では会社員の40代男性の感染がそれぞれ明らかになった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ