PR

ライフ ライフ

ペットボトル商品を全廃 環境ベンチャーのユーグレナ

 環境バイオベンチャーのユーグレナは、ミドリムシを原材料とした健康飲料などの容器に使っているペットボトルを全廃することを決めた。またプラスチック製のストローの使用も取りやめ、令和3年中に同社商品における石油由来プラスチックの消費量を半減させる。

 今年9月以降、ペットボトル(280グラム入り)は順次、環境負荷の小さい紙製の容器(195グラム入り)に置き換える。同社によると、健康飲料や化粧品関連の商品でプラスチックの使用量が多く、商品の容器や包装の約60%がプラスチックだという。

 微細な大きさのマイクロプラスチックが動植物の生態系に大きな影響を及ぼしていることから、昨年公募で起用した高校3年生の小沢杏子最高未来責任者(CFO)と現役の中高生らによる顧問チーム8人がプラスチックの使用を見直すよう会社側に求めていた。

 小沢CFOはペットボトル商品全廃について、「コロナ禍で生活のあり方そのものが大きく変化している。今が新たな社会システムを構築するチャンスでもある。消費者に変化を感じ取ってもらえるような取り組みをすべきだと考えた」と話している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ