PR

ライフ ライフ

【現場から】商店街「コロナに負けた。今日で閉店です」 サポート届かぬ人々も

谷中銀座で喫茶店「カフェ ア・ラ・パパ」を営む小川宏さん=27日、荒川区西日暮里
谷中銀座で喫茶店「カフェ ア・ラ・パパ」を営む小川宏さん=27日、荒川区西日暮里

 「コロナに負けました。今日で閉店です」

 東京都台東区と荒川区にまたがる商店街「谷中銀座」で、洋服店を6年間営んできた店主の男性(72)は、力なく話した。新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言の解除から約1カ月が過ぎた27日。食べ歩きや、総菜を買い求める客の行列が見られ、商店街がにぎわいを取り戻しつつあるにもかかわらずだ。

 がらんとした店内で黙々と片づけをする老夫婦。男性によると、通りを歩く人は増えたが、店に客が入ってこないという。人々の消費行動は元に戻ってはいない。1人10万円の国の特別定額給付金は申請したがまだ入金されず、事業主を救済する「持続化給付金」については「これはだめだ、この書類が必要だと言われ、理解できないからあきらめるしかなかった。泣き寝入りです」。

 同じ谷中銀座の喫茶店「カフェ ア・ラ・パパ」(荒川区西日暮里)を営む小川宏さん(72)は、売り上げが落ちて店の維持費に悩まされていたが、持続化給付金の申請が通り、支給された。「一緒に働く娘や青色申告会の助けを借りて申請を出すことができた。自分一人では難しかったと思う」と振り返る。

■高い家賃が負担に

 4月7日に緊急事態宣言が発令された都内では、営業の自粛要請によって商店街の売り上げが激減。家賃をはじめとする維持費が重くのしかかる。感染拡大を防ぐ3密(密閉、密集、密接)の対策にも追われている。

 「吉祥寺サンロード商店街」(武蔵野市)は吉祥寺駅前にあるアーケード型の商店街だ。振興組合事務局長の水野健造さんによると、商店街に人が密集しているとメディアに取り上げられたことで、苦情の声が1日10件以上寄せられたこともあった。

 「『外出自粛しろといっているのに全然減っていないじゃないか』『何で止めないのか』とお叱りの声があった。報道で密に見えるような写真の撮り方をされ、怒りを買ってしまった面もある」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ