PR

ライフ ライフ

キャンペーン企画「美術館女子」、批判受け公開終了

「美術館女子」と題した読売新聞朝刊特別面
「美術館女子」と題した読売新聞朝刊特別面

 アイドルグループ「AKB48」メンバーを起用した読売新聞などのキャンペーン企画「美術館女子」が、「若い女性を無知な存在として扱っている」などとインターネット上で批判が相次いだことを受け、公開を終了した。

 読売新聞と公立美術館約150館が加盟する美術館連絡協議会(事務局・読売新聞東京本社)が「地域の美術館の隠れた魅力を再発見」(公式HP)しようと企画したもので、オンラインサイトで今月12日から第1回を公開し、13日付朝刊紙面にも掲載された。メンバーの一人が東京都現代美術館を舞台にカメラ目線でポーズをとる写真に、「『芸術って難しそうだし、自分に理解できるのかな』。そう思っていた」「映え写真、いっぱい撮れるかな?」などと語り口調の文章が添えられていた。

 SNS上には「美術に男も女もない。カテゴライズされる不条理」「若い女が無知というレッテル貼り」といった批判が相次いだほか、作品よりもアイドルの姿が際立つことから「肝心のアートへのリスペクトが感じられない」との指摘もあった。

 公式サイトには現在、「次回以降の連載については、さまざまなご意見、ご指摘を重く受け止めて、改めて検討していきます」というコメントが掲載されている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ