PR

ライフ ライフ

【AYA世代の日々 がんとともに生きる】〈13〉 キャンサーペアレンツ・西口洋平さん死去 「つながりが生きる力に」実践

今年2月、CPのボランティア募集説明会での西口さん(廣瀬正樹撮影、CP提供)
今年2月、CPのボランティア募集説明会での西口さん(廣瀬正樹撮影、CP提供)
その他の写真を見る(1/2枚)

 子供を持つがん患者のための団体「キャンサーペアレンツ(CP)」の創設者で代表理事の西口洋平さんが5月8日、死去した。40歳だった。ステージ4の胆管がんと診断されてから5年3カ月。治療を受けながらも精力的に活動し、患者同士が交流し、悩みを分かち合う場を作ってきた。「つながりは生きる力になる」を実践したその姿は、多くの人に力を与えた。(油原聡子)

 西口さんは人材会社の営業職だった平成27年2月、ステージ4の胆管がんと診断され、「5年生存率3%」という重い現実を突き付けられた。思い悩んだのが当時6歳だった娘にどう病気を伝えるか。同じ世代のがん患者は周囲にいない。「子供とどう接したらいいか」という情報を見つけることもできなかった。

 治療と並行して28年にCPを設立。インターネット上で子供を持つがん患者の交流の場を作った。会員数が伸び悩むなか、SNSやメディアで積極的に発信。今では会員は3700人を超えた。

 昨夏の産経新聞の取材に、「5年後は考えられないと医師から言われたのにここまでこれたのは、仲間ができて、心のモヤモヤを共有できたのも大きい」「患者自身が積極的に社会とつながることが、明日を生きる力になる」と語っていた西口さん。

 治療の選択肢がなくなっていくなかで人生の終わりを見据えるようになり、昨年ごろから、「自分がいなくなった後の組織づくり」を口にするようになった。

 今年2月には組織継続のための新たなスタッフ募集説明会にも顔を出した。緩和ケアを受けながらツイッターで発信を続け、亡くなる3日前の5月5日に行われたCPのイベントにもオンラインで参加。「みんなで一緒に作っていきましょう」と呼びかけていたという。

◆孤独を解消

 子育ての時期にがんと診断される人は毎年約6万人と推計されている。仕事や闘病も重なり、負担は大きい。西口さんの友人で、ともにCPを創設した理事の神吉徹二さん(40)は「西口自身が困った経験から始まった活動ですが、生きた証しを残したいという思いもあったようです」と振り返る。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ