PR

ライフ ライフ

【ビブリオエッセー】「日常の謎」を見逃すな 「medium[メディウム] 霊媒探偵城塚翡翠」相沢沙呼(講談社)

 相沢氏の作品は『午前零時のサンドリヨン』以来のファンだ。今まではキャラクター小説の要素が強かったように思えたのでミステリー小説としてはあまり期待していなかったのだが、この小説は違った。城塚翡翠という美貌の女性キャラクターを登場させ、ライトノベル風でもあるが極上のミステリーだった。極上のイリュージョンと言ってもいいかもしれない。

 生者と死者を媒介する霊媒、翡翠の霊視の力と推理作家、香月史郎の論理の力で身近に起きた数々の殺人事件を解決していく。その頃、若い女性ばかりを狙った猟奇的な連続死体遺棄事件が起きていた。全体を貫く物語がこの姿なきシリアルキラーの難事件だ。そして、魔の手は翡翠にまで及ぼうとしていた…。

 読み終わってただただ唖然、茫然。いや、翡翠のイリュージョンに茫然としている場合ではないのかもしれない。翡翠は香月に、おそらく読者に向かってこう問いかける。

 「わたしたちの日常に、探偵はいません。…そこが怪しいのだと、丁寧に教えてくれる人はどこにもいない。わたしたちは、自分たちの日常の中で、なにを考えるべきなのか、…自分自身の目で見定めなくてはならないんです。…小さな問題すぎて考える必要がないですか?」

 私自身、推理小説でいう「日常の謎」を真剣に考えていただろうか。本書は本格推理だが、そこでも「日常の謎」の積み重ねが重要なのだという指摘に、少し反省している。

 「すべてが、伏線。」の惹句通り、あちこちに伏線があり、小さなドンデン返しの連続。最終話には大きなドンデン返しがあるのだが、最後の最後に翡翠の感情のドンデン返しも見つけた。あなたの推理もきっと裏切られる?

 大阪市北区 宮本忠夫 71

 【ビブリオ・エッセー募集要項】本に関するエッセーを募集しています。応募作品のなかから、産経新聞スタッフが選定し、月~土曜日の夕刊1面に掲載しています。どうか「あなたの一冊」を教えてください。

 投稿はペンネーム可。600字程度で住所、氏名、年齢と電話番号を明記し、〒556-8661産経新聞「ビブリオエッセー」事務局まで。メールはbiblio@sankei.co.jp。題材となる本は流通している書籍に限り、絵本、漫画も含みます。採用の方のみ連絡、原稿は返却しません。二重投稿はお断りします。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ