PR

ライフ ライフ

【ヒューリック杯棋聖戦】藤井七段、最年少タイトルに王手 第2局も制す

藤井聡太七段=28日午後、東京・千駄ケ谷の将棋会館(川口良介撮影)
藤井聡太七段=28日午後、東京・千駄ケ谷の将棋会館(川口良介撮影)
その他の写真を見る(1/5枚)

 将棋の渡辺明棋聖(36)=棋王・王将=に高校生棋士、藤井聡太七段(17)が挑戦するタイトル戦「第91期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負」(産経新聞社主催)の第2局が28日午前9時から東京・千駄ケ谷の将棋会館で指され、後手の藤井七段が90手で勝ち、開幕2連勝で初のタイトル獲得まで、あと1勝とした。

 藤井七段がタイトルを奪取すれば、屋敷伸之九段(48)が持つ最年少タイトル獲得記録(18歳6カ月)を更新する。

 藤井七段はこの日、タイトル戦初の和服姿で臨んだ。先手となった渡辺棋聖は矢倉を選択。積極的な攻めを見せたのに対し、攻め合いに出た藤井七段が徐々にリードを広げ、最後は押し切った。

 第3局は7月9日、東京都千代田区の都市センターホテルで行われる。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ