PR

ライフ ライフ

宮城県知事「大きな節目」 原子力防災会議が女川原発の避難計画了承

宮城県の村井嘉浩知事(塔野岡剛撮影)
宮城県の村井嘉浩知事(塔野岡剛撮影)

 東北電力が再稼働を目指す女川原発(宮城県女川町、石巻市)の事故に備え、新型コロナウイルスなどの感染拡大防止策を盛り込んだ住民避難計画を政府が22日の原子力防災会議で了承したことを受け、村井嘉浩知事は同日の定例会見で、「防災対策については一定のところまで達したとみていいと思う。大きな節目を迎えた」と語った。

 村井知事は避難計画について、「今後は実効性を高めるために訓練を積み重ねて問題点を洗い出し、手直しをしていく必要がある」との考えを示した。

 女川原発2号機は2月に原子力規制委員会の審査に合格。再稼働に向けた手続きについて、村井知事は「新型コロナウイルス対策を取りながら、まずは住民説明会を開き、粛々と進めていきたい」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ