PR

ライフ ライフ

【書評】『うめももさくら』石田香織著

 運送会社に勤め、ベタベタの関西弁を話す「ママ」は、同僚と通うおでん屋で知り合った佐々木君と結婚。「さくら」と「うめ」が生まれるが、うめの出産前に離婚し、母娘3人の暮らしが始まる。

 手取り14万円の給料から家賃、保育料、学費、借金の返済…手元に現金は残らず、生活は年々困窮する。仕事、社会と家庭のはざまでもがき、ときに弱気にもなるママだが、タフな娘たち、明るい同僚たちに支えられ、「人間はみんなけったいな生き物や」という父の言葉も思い出す。

 厳しい日々も、活力とぬくもりあふれる物語。女性のたくましさよ。(朝日新聞出版・1800円+税)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ