PR

ライフ ライフ

日本遺産、新たに21件 全都道府県で計104件認定

 日本遺産に認定された北海道の「『鮭の聖地』の物語」に含まれる「根室半島チャシ跡群」=根室市
 日本遺産に認定された北海道の「『鮭の聖地』の物語」に含まれる「根室半島チャシ跡群」=根室市

 文化庁は19日、地域の有形・無形の文化財を組み合わせて魅力を発信し、観光振興などにつなげる「日本遺産」に21件を新たに認定した。平成27年度からの累計で104件となり「令和2年度までに100件程度」とした目標に到達。これまで認定遺産がなかった東京都からも初めて選ばれ全都道府県に拡大した。今回で認定は最後とし当面は追加しない。

 21件は、兵庫県の「『伊丹諸白(もろはく)』と『灘の生一本(きいっぽん)』」や東京都の「霊気満山(れいきまんざん) 高尾山」など。今後は既存の遺産の底上げを図る方針で、選考で漏れた候補の扱いも含めて有識者委員会で具体策を検討する。

 日本遺産は、地域の文化財や伝統芸能を物語としてまとめ、観光振興などで地域活性化を図る制度。今年は69件の申請があった。例年行っている認定証交付式は、新型コロナウイルスの影響で行わない。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ