PR

ライフ ライフ

【コロナ その時、】(1)届かなかった武漢医師の「警鐘」 2019年12月8日~

その他の写真を見る(1/2枚)

 新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)は日本や世界で人々の暮らしや生き方を大きく変えた。かつてない事態を経験した私たちが「コロナ前」の時代に戻れないとしても、教訓を得ることはできるはずだ。感染症との戦いを記録し、検証したい。

 日産自動車前会長、カルロス・ゴーン被告が国外逃亡した衝撃もそのままに日本が令和2(2020)年を迎えた1月1日、中国でツイッターとして使われるSNS(交流サイト)の「微博(ウェイボ)」に当局が投稿した一文は権威主義国家ではありふれたものだった。

 「デマは社会秩序を乱す違法行為だ。当局は8人の違法人物を召喚し、法に従って処罰した」

 投稿が重大な意味を持つのは、それが湖北省武漢市の警察当局によるもので、新型コロナウイルスの感染拡大に警鐘を鳴らした8人の処分を宣言していたからだ。中国当局が警告に真摯(しんし)に向き合っていれば、感染者800万人、死者43万人を超えるパンデミックは抑えられたかもしれない、と世界の人々はみている。

 武漢市中心医院の李文亮医師(34)は昨年12月30日、市内の市場で「7人のSARS(重症急性呼吸器症候群)感染者」が確認されたとのメッセージを受け取り、大学の同級生に転送した。李氏は「違法人物」の一人として、1月3日に当局から呼び出されて訓戒処分を受けた。

12月31日 「原因不明の肺炎」公表

 武漢で12月8日に原因不明の肺炎発症例があったことは、後に明らかになった。11月に最初の発症例があったとの報道もある。

 だが、中国当局が世界保健機関(WHO)中国事務所に通知し、27人が原因不明のウイルス性肺炎にかかったと公表したのは「デマ」が流れた翌日の12月31日。台湾は同日、WHOに警告し、武漢発の航空便の検疫を強めたが、中国が「人・人感染」を認めたのは1月20日。武漢の都市封鎖は1月23日までされず、感染は世界に広がった。

1月16日 国内初の感染確認

 日本の厚生労働省が武漢での「非定型肺炎の集団発生」に注意喚起をした1月6日、発熱の症状を抱えた30代男性が武漢から日本に到着した。同月16日に国内初の感染が確認された神奈川県在住の中国人だ。しかし、当時の日本政府は国内での蔓延(まんえん)についての危機感をそれほど強く持っていなかった。

 「関係閣僚会議をやるほどではないんじゃない?」

 男性の感染が確認された16日、政府高官はこう語っていた。関心は国内の感染拡大防止より水際対策に力点が置かれていた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ