PR

ライフ ライフ

人気のアウトドアアクティビティーが半額 栃木・板室温泉

板室ダム湖でのスタンドアップパドルボード体験(板室温泉旅館組合提供)
板室ダム湖でのスタンドアップパドルボード体験(板室温泉旅館組合提供)

 板室温泉旅館組合(栃木県那須塩原市)は、新型コロナウイルスの影響で冷え込んだ観光需要の回復を図ろうと、市民限定で「アウトドアアクティビティー半額キャンペーン」を開始した。7月31日まで。キャンペーンに参加している同組合加盟の旅館に宿泊した当日か翌日に、1回限定でアウトドアアクティビティーの料金が通常の半額以下になる。(伊沢利幸)

 板室温泉の自然を堪能できるネイチャーツアーは中学生以上3300円が1500円、板室ダム湖を巡るカヌーツアーは中学生以上6千円が3千円。大型サーフボードに立ち乗りしてパドルで漕ぎ水上を進む新スポーツ「スタンドアップパドルボード(SUP)」は6500円が3250円で体験できる。

 同組合の室井孝幸組合長(あったか~い宿・勝風館代表)によると、板室温泉の魅力になっているアウトドアアクティビティーは新型コロナウイルスの影響でキャンセルが相次いでいるという。キャンペーンは、アウトドアアクティビティーの運営会社を支援しようと市の「リフレッシュ!宿泊キャンペーン」に連動する形で企画した。ツアー料金の割引分は宿泊した旅館と運営会社が折半する。

 室井組合長は「コロナ禍の中、外出自粛などでツアーのほとんどがキャンセルとなり、運営会社は苦境に立たされている。宿泊とともにアウトドアを満喫してもらい、板室温泉の魅力を発信したい」と話した。問い合わせは勝風館(0287・69・0224)。

「産経 日本を楽しむプロジェクト」SNSアカウント

公式SNSアカウント

Facebook Twitter

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ