PR

ライフ ライフ

ニジマス試験管で大量に 養殖に貢献、東京海洋大が世界初

試験管で増殖した生殖幹細胞から生まれたニジマス(吉崎悟朗教授提供)
試験管で増殖した生殖幹細胞から生まれたニジマス(吉崎悟朗教授提供)

 ニジマスの卵や精子のもとになる生殖幹細胞を、試験管で大量に増殖させることに世界で初めて成功したと、東京海洋大の吉崎悟朗教授(魚類養殖学)のチームが15日付の国際的な科学誌の電子版に発表した。たった1匹の雄の幹細胞から卵や精子を作り、1700匹が孵化(ふか)した。順調に成魚に成長しており、貴重な水産資源の魚を保護しつつ、大量生産を可能にする技術として期待される。

 吉崎教授は、養殖生産や絶滅危惧種の保全に貢献したいと説明し「ニジマスに近いサケやマスの仲間ならば、数年で保全事業に活用できる。クロマグロへの応用も5年程度で実現化を目指したい」と話した。

 チームはこれまでに1匹のニジマスから取り出した幹細胞を使って卵と精子の両方を作製し、成魚を得ることに成功していた。今回の成果により、幹細胞を採取するための魚を何度も捕獲する必要がなくなった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ