PR

ライフ ライフ

新型コロナ陽性率は0・5% 患者1千人対象に抗体検査実施 山形大医学部

山形大学医学部付属病院で実施した抗体検査を発表する森兼啓太感染制御部長=15日、山形大学医学部(柏崎幸三撮影)
山形大学医学部付属病院で実施した抗体検査を発表する森兼啓太感染制御部長=15日、山形大学医学部(柏崎幸三撮影)

 山形大学医学部は15日、同大医学部付属病院の患者約1千人に実施した新型コロナウイルス感染症の抗体検査で、1009人のうち5人が陽性だったと発表した。同大では、県民の推定感染者は670~1万人としているが、同大病院の森兼啓太感染制御部長は「県民(約107万人)の1%以下しか感染者がなく、新型コロナは広がっていない」との見方を示した。

 ウイルス感染の確認のために行われるPCR検査に対し、抗体検査は、過去にウイルスに感染したかどうかを調べるために行われる。

 同大では、新型コロナの流行状況と今後の流行の可能性を予測するため、採血後に血清が利用できる1009人に、許可を得た上で6月1~4日まで抗体検査を実施。ウイルス量を示す抗体値は1・0以上を陽性とした。その結果、抗体値が1・0未満は1004検体だったが、1・0以上は5検体で、陽性率0・5%だった。

 県内で確認されている感染者数は69人(6月15日現在)。森兼部長は「新型コロナの第1波で感染した人は極めて少なかったと考えられ、多くの県民はいまだに免疫を持っていない。今後の流行に備え、新しい生活習慣はじめ感染対策をすべての人が実践することが県民の安心・安全のために必要である」と注意を呼びかけた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ